ポテチ

chips160303

ずっと前から観たいと思っていた映画『ポテチ』を観た。原作は伊坂幸太郎の小説。

『フィッシュストーリー』に収録されている中篇『ポテチ』が好きで、映画化を知った時、いつか観ようと思っていた。だって、監督は伊坂作品の映画化と言えばの中村義洋監督だし、主演はこれも伊坂作品映画と言えばの濱田岳だし、これは観ないわけにはいかないでしょう。なんて言いながら観ないまま時が過ぎていたのだけど、Huluで配信されているのを見つけてようやく観ることが出来た。

映画を観ながら『ポテチ』って、こんな内容だったっけと思ったので、原作を読み返してみたのだけど、ほぼ原作通りに映画化されていた。空き巣の今村とその恋人大西がプロ野球選手の家に空き巣に入るところから物語が始まり、思わぬ展開で最後はスカッと爽快な結末を迎える。最近のひねりの効いた(効きすぎた)伊坂作品と比べると素直なストーリーなのだが、そこがいい。

濱田岳やっぱりいいよなあ。原作を読み返している間、頭の中で今村の姿も声も濱田岳になった。黒澤役の大森南朋もよかったけど、やっぱり濱田岳だなあ。あ、でも、auのCMでは鬼ちゃん派だけど。

新刊文庫メモ

伊坂幸太郎の『ガソリン生活』(朝日文庫)の初版限定カバー裏面に書き下ろしの番外編掌編小説「ガソリンスタンド」が印刷されるらしいので是非とも初版をゲットしたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です