松岡圭祐

読書日記

「探偵の探偵」シリーズ完結

松岡圭祐『探偵の鑑定Ⅱ』(講談社文庫)を読んだ。 今作で「探偵の探偵」シリーズは完結。「万能鑑定士Q」シリーズを一作も読んだことがないまま『探偵の鑑定Ⅰ』、『探偵の鑑定Ⅱ』と読んだけれど...
読書日記

ストレートな愛の物語

スーパーでふと目にして久しぶりにフルーチェを食べたくなった。何だか昔よりも味の種類が増えたなあと思いながらストロベリー×バナナを買った。夕食後に作ったのだけどなぜか上手く固まらなかった。箱の裏...
読書日記

ガソリン生活

伊坂幸太郎の『ガソリン生活』(朝日文庫)を読んだ。 車が語り手という設定に少し不安を覚えたけれど読んでみたら面白かった。車はあくまでも車であって、自分の意思で動くことは出来ない。人間同士...
読書日記

砂漠

伊坂幸太郎の『砂漠』(新潮文庫)を読んだ。この本を読むのは何度目だろうか。あ、でも、文庫で買い直してからは初めてだ。単行本で初めて読んだ時、これこそ伊坂作品ベスト1だ!と思ったぐらい大好きな小...
読書日記

お嬢様とか読書サークルとか

節分の日だった昨日は恵方巻を食べた。恵方巻を食べたと言っても恵方に向かって一本丸ごと無言でもぐもぐ食べたわけではないけど。夫が仕事帰りに買って来てくれた蟹が入った太巻き寿司はとても美味しく、美...
読書日記

「探偵の探偵」新章に期待してもいいですか?

今年は暖冬だね、なんて話をして油断をしていたら、この週末は急に寒くなってこたつから抜け出せないでいた。秋をすっ飛ばしていきなり冬が来たみたい。 松岡圭祐『探偵の探偵Ⅳ』(講談社文庫)読了...
読書日記

11月になったら読もうと思っていた

普段は「今日の晩ごはん何が食べたい?」と聞いても「何でもいい」という一番困る返事をする夫が聞いてもないのに「深夜食堂の豚バラトマト巻きが食べたい」とリクエストしてきた。別にいいんだけど、私は『...
読書日記

秋はどこへ消えた?

久しぶりに夫婦で温泉に行った。5月に母が遊びに来て以来だから半年ぶりだろうか。湯上がりが心地よい季節のはずなのだけど…暑い。11月も半ば、季節は秋ではないのか。まっすぐ家に帰るだけだと思って髪...
読書日記

4年間愛用しているブックカバー

愛用しているブックカバーがある。気付けばもう4年も使っている。 それは講談社文庫特製ブックカバーだ。今はもうキャンペーンが終了してしまっているのだけど、講談社文庫のカバーについてるマーク...
読書日記

『探偵の探偵』迷ってないで早く読んでおけばよかった

日中はそうでもないけれど朝は肌寒く感じるようになってきて、まだ早いかなと思いつつこたつを出した。と言ってもテーブルとして使っていた家具調こたつにこたつ布団を掛けただけなのだけど。テーブルがこた...