穂村弘

読書日記

キン肉マン、北斗の拳、奥田民生…長嶋有『愛のようだ』

長嶋有の『愛のようだ』の感想です。著者史上初「泣ける」恋愛小説、というのが決して大げさではないとわかりました。
読書日記

伊坂幸太郎“殺し屋シリーズ”第3弾『AX』を読んで泣く

伊坂幸太郎の『AX』(角川文庫)を読んだ感想。『AX』は、『グラスホッパー』、『マリアビートル』に続く“殺し屋シリーズ”の第3弾。今回は、「兜」と名乗る殺し屋兼文房具メーカーの営業マンが主人公。
読書日記

古本屋で「ぱっぱっぱっ。」「うんうん。」(穂村弘『整形前夜』)

けらえいこさんの漫画『あたしンち』の新連載が昨年12月から始まったとか。『あたしンち』にハマった時、他の漫画も読んでみたいと思いコミックエッセイ『セキララ結婚生活』(講談社文庫)を読んだのだけ...
読書日記

アガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』が怖すぎた

夫の実家からお歳暮のお裾分けで箱ごともらった抹茶ゴーフレットを夫婦で毎日1枚ずつ食べているのだけれど、結構な数があって、これがなかなかなくならない。お裾分けでもらったお菓子(カステラは完食した...
読書日記

年末に読んだ本のこと『なかなか暮れない夏の夕暮れ』・『三の隣は五号室』

長いと思っていた正月休みがあっという間に終わった。夫の実家からお歳暮のお裾分けをあれも持って行きなさい、これも持って行きなさいと言われるままに頂いて帰った。ハムの詰め合わせはもちろん、自分では...
読書日記

ほむほむのエッセイに絶賛ハマり中

気付けばもう10月が終わろうとしている。どうも秋の気配が感じられない。だからなのか、オフコースの「僕の贈りもの」を聴きたい気分にならない。 前回のブログ更新が6月20日だから、およそ4ヶ...
読書日記

今さらほむほむ

週末に夫と出かけた。ランチに行く前に本屋に寄って欲しいとお願いしたら嫌な顔をされた。理由はわかっている。本屋で文庫の棚の前をあちこち移動していたら、車で待っていた夫がやって来て「まだ?もう1時...
タイトルとURLをコピーしました