津村記久子

読書日記

津村記久子の「地下鉄の叙事詩」がじんわりと面白かった

素麺、冷やしうどん、冷しゃぶ。暑さのせいで、どうしても冷たいもの、さっぱりしたものばかり作ってしまう。決して手抜きではない。いや、ちょっとあるかな。 津村記久子『アレグリアとは仕...
読書日記

津村記久子沼

気づけば5月も6月も終わって、7月になっていた。5月の連休が終わってすぐに結構な風邪をひいてしまい、読書リズムがすっかり崩れてしまった。 この2ヶ月の間に読んだのは、群ようこの『れんげ荘...
読書日記

エヴリシング・フロウズ

スーパーのこんにゃくコーナーの隣にこの間まで見かけなかったところてんがずらっと並んでいて、思わず1パック買ってしまった。冷たくてツルツルしたところてんを楽しむ季節が今年もやってきたのだなと思い...
読書日記

昔ながらの

最近お気に入りのプリンがある。「昔ながらのなつかしプリン」というプリンで、まるで液体のようになめらかすぎるプリンではなく、固形という感触があって、しっかり卵の味がする。いつも行くスーパーで売っ...
読書日記

『ダ・ヴィンチ』初の百合特集

『ダ・ヴィンチ』で百合特集をすると知って久々に買いました。確かBL特集はあったと思うけど、百合特集は意外にも初めてなのですね。 『やがて君になる』の仲谷鳰さんの描き下ろしイラストとインタ...
読書日記

『東の果て、夜へ』が今年のマイベスト海外小説になりそう

何だかのどがイガイガするなあと思ったその日の夜に熱が出た。どうやら風邪をひいてしまったらしい。仕方がないので家事はひとまず置いといて大人しく布団に入って本を読むことにした。仕方がない。風邪なの...
読書日記

ポトスライムの舟

金城一紀さん原案・脚本のドラマ『奥様は、取り扱い注意』が期待通り面白かった。綾瀬はるかさんみたいなおっとり美人が実はめちゃくちゃ強いっていうのがいい。しかし、金城さんが手掛けるドラマが面白けれ...
読書日記

父に

江國香織の『すみれの花の砂糖づけ』(新潮文庫)を読み返したら、以前読んだ時には特別感じることのなかった詩に思わず涙してしまった。 「父に」という詩の後半部分を。 あの日 病院のベ...
読書日記

ウエストウイング

8月も終わるというのに相変わらず暑い。もしかして夏はこれからが本番でまだまだ暑くなるんじゃないかと疑いたくなる。 津村記久子の『ウエストウイング』(朝日文庫)を読んだ。 以前から取...
読書日記

幕末の青嵐

最近はあまり読んでいないけれど、一時期、時代小説や歴史小説にはまっていた。そんな時に司馬遼太郎の『燃えよ剣』を読んで、新選組に興味を持ち、同じく司馬遼太郎の『新選組血風録』を読み、浅田次郎の『...