百合

読書日記

『安達としまむら』で百合にハマって7年の私のおすすめ百合小説16選

『安達としまむら』がきっかけで“百合”にハマって、7年。そんな私がおすすめする百合小説16作品を紹介します。
読書日記

「安達としまむら」じゃなくて「日野と永藤」!?あだしま第9巻は特別編だった!

10月の新刊文庫で最も楽しみにしていた入間人間『安達としまむら』9巻(電撃文庫)。第8巻で一気に恋人らしくなったあだしまのその後が読めるとワクワクして読んだのだけれど、思っていたのとなんか違う!?
読書日記

鳥野しの『オハナホロホロ』LINEマンガで読んだら続きが気になりすぎて

鳥野しの『オハナホロホロ』は、社会人百合の名作という評判を目にしたことがあって、知っていたけれど、主人公の女性と元恋人のシングルマザーの恋愛やあれこれという設定が私にはいまいち響かなかったので、読んでいなかった。しかし、まんまとハマってしまった。
読書日記

『やがて君になる 佐伯沙弥香について(3)』大満足の完結編

バタバタと引越しをして、ようやく落ち着いた。引越しには慣れているつもりだったけれど、歳のせいなのか今回はなかなか疲れがとれなかった。 引越し作業をしながら読んでほわーっと癒された...
読書日記

アガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』が怖すぎた

夫の実家からお歳暮のお裾分けで箱ごともらった抹茶ゴーフレットを夫婦で毎日1枚ずつ食べているのだけれど、結構な数があって、これがなかなかなくならない。お裾分けでもらったお菓子(カステラは完食した...
読書日記

ほむほむのエッセイに絶賛ハマり中

気付けばもう10月が終わろうとしている。どうも秋の気配が感じられない。だからなのか、オフコースの「僕の贈りもの」を聴きたい気分にならない。 前回のブログ更新が6月20日だから、およそ4ヶ...
読書日記

同日発売の『安達としまむら8』と『やがて君になる 佐伯沙弥香について(2)』どっちも一気読み!

入間人間『安達としまむら8』、同じく入間人間『やがて君になる 佐伯沙弥香について(2)』購入。まさかの同日発売。まずは『安達としまむら8』を読んだ。プロローグでいきなり度肝を抜いてくる入間先生おそるべし。
読書日記

『やがて君になる』のスピンオフ小説 入間人間『やがて君になる 佐伯沙弥香について』

仲谷鳰の『やがて君になる』のスピンオフ小説を『安達としまむら』の入間人間が書くとなれば、そりゃあもう読まずにはいられない。 と言うことで、入間人間の『やがて君になる 佐伯沙弥香について』...
読書日記

『ゆるキャン△』がネットで在庫切れなの何なの

体の冷えが体調を左右する年齢になったようで、ここ数日お腹を壊していた。朝キンキンに冷えたフルーツジュースをごく飲みするのをやめて、極力温かい飲み物を飲むようにした。ほうじ茶、ココア、ホットカル...
読書日記

アニメも始まったし『やがて君になる』6巻を読んでみた

10月に入ってもタオルケット1枚で平気だったのに、ここ数日で急に冷え込んできたので慌てて毛布を出した。だけど、このひんやりとした空気が本来の10月の空気なんだろうな。 買わなきゃ...
タイトルとURLをコピーしました