買った本

読書日記

文筆家・星野源

私は小説と小説を並行して読めないのだけど小説とエッセイ、あるいはエッセイとエッセイなら並行して読める。そんなわけでここ最近はエッセイをいくつか並行して読んでいる。 星野源『そして生活はつ...
読書日記

同日発売の『安達としまむら8』と『やがて君になる 佐伯沙弥香について(2)』どっちも一気読み!

夫が朝、出かける前に思い出したように今日は飲み会があるんだったと言った。自分ひとりなら夕食は手抜きが出来るな、とひそかに思った。そして、夜。小ぶりなフライパンに鯖缶と薄くスライスした玉ねぎ、適...
読書日記

読書傾向の死角

昼ごはんを食べながらBSで2時間サスペンスを観るのが習慣のようになっていたのだけれど、再放送の繰り返しで観たことあるドラマばかりになってしまったので、最近はAmazonプライム・ビデオで『BO...
読書日記

プレーンソング

テレビでは10連休だとやたら騒いでいたけれど、ちょっと帰省してあとはどこかに出かけるわけでもなく家で思い思いに過ごしていたらあっという間に終わってしまい、我が家にとってはいつものGWとそれほど...
読書日記

犬、あり、象、豚

まだ4月だというのに急に暑くなった。半袖とリラコでだらだらと過ごす。お昼はパスタを茹でてお土産でもらった「ぱらぱらめんたい」という明太子ふりかけをかけたなんちゃって明太子パスタを食べた。それか...
読書日記

今さらほむほむ

週末に夫と出かけた。ランチに行く前に本屋に寄って欲しいとお願いしたら嫌な顔をされた。理由はわかっている。本屋で文庫の棚の前をあちこち移動していたら、車で待っていた夫がやって来て「まだ?もう1時...
読書日記

「ぼくは春日に憧れている。」(若林正恭『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』)

オードリーの春日さんが番組で10年(11年?)交際をした恋人にプロポーズをした。そして、それを隠れて聞いていた相方の若林さんが号泣していた。ものすごい号泣っぷりだった。 読書芸人である若...
読書日記

恩田陸『蜜蜂と遠雷』誰かページをめくる手を止めてくれ

文庫化を心待ちにしていた恩田陸の『蜜蜂と遠雷』上・下巻(幻冬舎文庫)を読んだ。 私は恩田陸の熱心なファンではないし、読んだことがあるのは初期の作品ばかりで最近の作品は読んでいない。『蜜蜂...
読書日記

津村記久子さんのオススメらしいのでマーガレット・ミラーの『殺す風』を読んでみた

先日人間ドックに行ってきた。毎年行っているわけじゃない。「そろそろ人間ドック行ってきたら?」と夫に言われるたびに「行く気になったら行く」、「そのうち行く」とはぐらかしていたけれど、結局は自分の...
読書日記

津村記久子をがつがつ読む

郵便局に行ったついでにスーパーまで歩いた。お弁当を見る。肉か魚か。焼き鯖の身をほぐしたのがご飯の上に乗っているお弁当にした。他に小松菜とか袋ラーメン5個セットなんかも買う。歩きだから重くならな...