読書日記

森下典子『こいしいたべもの』UFO派だけど夜明けのペヤング美味しそう

最近のお風呂Kindle本は、森下典子『こいしいたべもの』だった。Kindleの50%ポイント還元キャンペーン対象だった時に『いとしいたべもの』と一緒に買った。
読書日記

三浦しをん『ののはな通信』百合を楽しみにしていたのだけれど

三浦しをんが書く長編百合小説を楽しみにしていたのだけれど、結論から言うと、『ののはな通信』はかなりストレートな百合小説であるにも関わらず、その百合が私にはグッとこなかったし、キュンとしなかった。
読書日記

『ののはな通信』、『愛についてのデッサン』など最近買った本について

三浦しをん『ののはな通信』、野呂邦暢『愛についてのデッサン 野呂邦暢作品集』、メイ・サートン『独り居の日記』、佐久間薫『カバーいらないですよね』など最近買った本の紹介。
読書日記

目黒考二『笹塚日記』まっすぐに読書

最近は目黒考二の笹塚日記と桜庭一樹の読書日記をちょこちょこと読み返している。やはり他人の日記は面白い。「まっすぐに読書」というのが何回か出てくるのだけど、なんかいい。
読書日記

庄野潤三『自分の羽根』自分の前に飛んで来る羽根だけを

庄野潤三『自分の羽根』を読んだ。庄野潤三の本を読むのはこれが初めて。Kindle Oasisをお風呂に持ち込んでちょっとずつ読んだのだけど、読むうちにどんどん庄野潤三いいなあと思って、最後は読み終えてしまうのが嫌だった。
読書日記

100円ショップのトレーシングペーパー(グラシン紙)で文庫本のブックカバーを作ってみた

滅多に古本を買うことのない私の本棚に並ぶ文庫本の中で、最も状態が悪いのが、古本で買った有吉玉青『身がわり 母・有吉佐和子との日日』。そこで、思いついたのがグラシン紙でブックカバーを作ることだった。
読書日記

穂村弘『野良猫を尊敬した日』特別にお腹が空いているときは生姜焼き定食を二つ

穂村弘『野良猫を尊敬した日』を読んだ。ちょっと嫌なことがあったり、イライラしたりしていてもほむほむのエッセイを読んで、くすっと笑ったりしていると、さっきまでトゲトゲしていた気持ちが、いつの間にか少しまるくなっている。
読書日記

『ピエタとトランジ<完全版>』最高に熱い百合でした

Kindle日替わりセールで購入した藤野可織『ピエタとトランジ<完全版>』を読んだ。これは、私の中では最高の百合小説だ。
読書日記

江國香織『物語のなかとそと』その文章に酔いしれる

江國香織『物語のなかとそと』を読んだ。江國さんのエッセイが文庫化されるのは久しぶりではないか。ちょっと調べてみたら、どうやら2013年8月に文庫化された『やわらかなレタス』以来のようだ。
読書日記

柴崎友香『わたしがいなかった街で』やばパン食べたい

柴崎友香『わたしがいなかった街で』を読んだ。柴崎さんが好きで、文庫化された作品はほとんど読んでいるのだけれど、この『わたしがいなかった街で』はずっとスルーしていた。
タイトルとURLをコピーしました