読書日記

安達としまむら、一緒に暮らす

入間人間『安達としまむら』10巻を読んだ。安達としまむらが一緒に暮らすことになっているのは8巻ですでにわかっていたことなのだけど、10巻では大学を卒業した二人が一緒に暮らし始める時期のエピソードが描かれている。
読書日記

村上春樹・安西水丸『象工場のハッピーエンド』ジョン・アプダイクを読んだことはないけれど

村上春樹・安西水丸『象工場のハッピーエンド』を読んだ。私のお気に入りは「ジョン・アプダイクを読むための最良の場所」と「マイ・ネーム・イズ・アーチャー」。
読書日記

念願のヘルツのブックカバー遂に購入

ずっと前から欲しかった念願のHERZ(ヘルツ)のブックカバーを遂に購入しました。HERZは革鞄などハンドメイドの革製品ブランド。私が購入したのは、フラップブックカバーの単行本用のLサイズと文庫本用のSサイズ。
読書日記

野呂邦暢『愛についてのデッサン 野呂邦暢作品集』古本屋の若き店主が主人公

野呂邦暢『愛についてのデッサン 野呂邦暢作品集』を読んだ。野呂邦暢の名前を知ったのは、佐藤正午のエッセイで、そのうち野呂邦暢の小説を読んでみたいと思っていた。特に読みたいと思っていたのが、古本屋の若き店主が主人公だという『愛についてのデッサン』だった。
読書日記

森下典子『こいしいたべもの』UFO派だけど夜明けのペヤング美味しそう

最近のお風呂Kindle本は、森下典子『こいしいたべもの』だった。Kindleの50%ポイント還元キャンペーン対象だった時に『いとしいたべもの』と一緒に買った。
読書日記

三浦しをん『ののはな通信』百合を楽しみにしていたのだけれど

三浦しをんが書く長編百合小説を楽しみにしていたのだけれど、結論から言うと、『ののはな通信』はかなりストレートな百合小説であるにも関わらず、その百合が私にはグッとこなかったし、キュンとしなかった。
読書日記

『ののはな通信』、『愛についてのデッサン』など最近買った本について

三浦しをん『ののはな通信』、野呂邦暢『愛についてのデッサン 野呂邦暢作品集』、メイ・サートン『独り居の日記』、佐久間薫『カバーいらないですよね』など最近買った本の紹介。
読書日記

目黒考二『笹塚日記』まっすぐに読書

最近は目黒考二の笹塚日記と桜庭一樹の読書日記をちょこちょこと読み返している。やはり他人の日記は面白い。「まっすぐに読書」というのが何回か出てくるのだけど、なんかいい。
読書日記

庄野潤三『自分の羽根』自分の前に飛んで来る羽根だけを

庄野潤三『自分の羽根』を読んだ。庄野潤三の本を読むのはこれが初めて。Kindle Oasisをお風呂に持ち込んでちょっとずつ読んだのだけど、読むうちにどんどん庄野潤三いいなあと思って、最後は読み終えてしまうのが嫌だった。
読書日記

100円ショップのトレーシングペーパー(グラシン紙)で文庫本のブックカバーを作ってみた

滅多に古本を買うことのない私の本棚に並ぶ文庫本の中で、最も状態が悪いのが、古本で買った有吉玉青『身がわり 母・有吉佐和子との日日』。そこで、思いついたのがグラシン紙でブックカバーを作ることだった。
タイトルとURLをコピーしました