読書日記

アガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』が怖すぎた

夫の実家からお歳暮のお裾分けで箱ごともらった抹茶ゴーフレットを夫婦で毎日1枚ずつ食べているのだけれど、結構な数があって、これがなかなかなくならない。お裾分けでもらったお菓子(カステラは完食した...
読書日記

年末に読んだ本のこと『なかなか暮れない夏の夕暮れ』・『三の隣は五号室』

長いと思っていた正月休みがあっという間に終わった。夫の実家からお歳暮のお裾分けをあれも持って行きなさい、これも持って行きなさいと言われるままに頂いて帰った。ハムの詰め合わせはもちろん、自分では...
読書日記

『富士日記を読む』を読む

今年は、いや、今年もクリスマスらしいことは特にしなかった。甥っ子や姪っ子は大きくなってクリスマスプレゼントを贈ることもなくなった。何を買ったらいいのか悩む(特に女の子は難しい)ことから解放され...
読書日記

津村記久子の読書案内『枕元の本棚』

あっという間に12月。私には縁がないが忘年会シーズンに突入した。忘年会スルーすることなく参加している夫。忘年会で美味しい韓国料理屋に行ったから今度行こうと言われ、先日喜んで出かけたら休みだった...
読書日記

まだ読んではいないけれど『富士日記を読む』について

穂村弘の『もうおうちへかえりましょう』(小学館文庫)を昨夜お風呂で読み終えてしまった。手元にあるほむほむの本は全て読んでしまった。ちょっと寂しい。でも、まだまだ未読の本がたくさんあるから安心だ...
読書日記

ほむほむのエッセイに絶賛ハマり中

気付けばもう10月が終わろうとしている。どうも秋の気配が感じられない。だからなのか、オフコースの「僕の贈りもの」を聴きたい気分にならない。 前回のブログ更新が6月20日だから、およそ4ヶ...
読書日記

佐藤正午がユニコーンの『服部』を毎朝聴いてから書いた小説

ダイエットのために夕食に米を食べるのをやめていた。そのはずだったのだけど、気付いたら以前と変わらず茶碗によそった炊きたてごはんを頬張っている自分がいた。白いごはんにはおかず、おかずには白いごは...
読書日記

佐藤正午『Y』アルファベットのYの文字みたいに二つに枝分かれした人生

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の予告を見かけて、ふと読み返したくなったのは、原作である東野圭吾の同名小説ではなく、佐藤正午の『Y』(ハルキ文庫)だった。 『Y』を思い出...
読書日記

ブックストアで待ちあわせ

昔からWEB本の雑誌の「作家の読書道」を楽しみにしている。それが好きな作家のだとなお嬉しい。今月は江國香織さんだった。嬉しい。江國さんが紹介した本の中で私が読んだことがあるのはクレイグ・ライス...
読書日記

武田泰淳・百合子の夫婦道中記『新・東海道五十三次』

5月に冷房をつけたのは、記憶にある限り初めてのような気がする。しかし、昨日の雨のおかげで今日は5月らしくちょうどよい気温で過ごしやすい。本格的な暑さに対する覚悟がまだできていない。夏が来るのは...
タイトルとURLをコピーしました