恩田陸

読書日記

恩田陸『蜜蜂と遠雷』誰かページをめくる手を止めてくれ

文庫化を心待ちにしていた恩田陸の『蜜蜂と遠雷』上・下巻(幻冬舎文庫)を読んだ。 私は恩田陸の熱心なファンではないし、読んだことがあるのは初期の作品ばかりで最近の作品は読んでいない。『蜜蜂...
読書日記

津村記久子さんのオススメらしいのでマーガレット・ミラーの『殺す風』を読んでみた

先日人間ドックに行ってきた。毎年行っているわけじゃない。「そろそろ人間ドック行ってきたら?」と夫に言われるたびに「行く気になったら行く」、「そのうち行く」とはぐらかしていたけれど、結局は自分の...
読書日記

意味がなければスイングはない

近所の公園から桜の花びらがベランダにひらひらと舞い落ちてきたのは、つい最近だったと思ったけれど、気付けば今日で4月が終わる。春の陽気のせいか、さて、本を読もうと思って寝転がると、ついうとうとし...
読書日記

『少女妄想中。』入間人間の百合小説の表紙を仲谷鳰が担当するだなんて、それだけでもう最高

入間人間『少女妄想中。』(メディアワークス文庫)を読んだ。『安達としまむら』が好きで、『やがて君になる』も好きな私にとって、入間人間の百合小説の表紙を仲谷鳰が担当するだなんて、もうこれ以上ない最高の組み合わせ。買ってすぐに読んだのですが、もう最高でした。
読書日記

蛇行する川のほとり

恩田陸『蛇行する川のほとり』の感想。この小説には百合要素があるという評判を小耳に挟んでいたのですが、確かにそうかもしれない。
タイトルとURLをコピーしました