安達としまむら

読書日記

同日発売の『安達としまむら8』と『やがて君になる 佐伯沙弥香について(2)』どっちも一気読み!

夫が朝、出かける前に思い出したように今日は飲み会があるんだったと言った。自分ひとりなら夕食は手抜きが出来るな、とひそかに思った。そして、夜。小ぶりなフライパンに鯖缶と薄くスライスした玉ねぎ、適...
読書日記

私の「平成の30冊」

「平成最後の〜」という言葉をよく聞くけれど、その平成も残すところあと2日、いや1日半となった。 朝日新聞で「平成の30冊」が発表されて、1位は村上春樹の『1Q84』だった。村上春樹が好き...
読書日記

彼女と彼女になった安達としまむら

BSのNHKでやっていた映画『箱入り息子の恋』を何となく観始めたら面白くて最後まで観てしまった。裏では同じく星野源さんが出ているドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』がやっていたけど、そちらは観てい...
読書日記

冬がはじまるよ

寒くなってくるとつい口ずさんでしまうマッキーの『冬がはじまるよ』。 冬がはじまるよ ホラまた 僕の側で すごくうれしそうに ビールを飲む横顔がいいね アルコールが全くダメな私はす...
読書日記

ロスマク

スーパーでヨーグルトに伸ばしかけた手を引っこめ、プッチンプリンの3個パックをかごに入れた。ここしばらく、いや、ここ数年食べていなかったのに無性に食べたくなったのだ。夕食後、いそいそと3個パック...
読書日記

安達としまむらの夏休み後半

待ちに待っていたような、読むのがちょっと怖いような。でも、結局は一気読みしてしまった入間人間の『安達としまむら6』(電撃文庫)。 読んでいてほのぼのと楽しんでいられた安達としまむらの関係...
読書日記

安達としまむらの夏休みは続く

入間人間『安達としまむら5』(電撃文庫)読了。 心待ちにしていた『安達としまむら』の新刊。残りのページ数がどんどん少なくなってしまうのを惜しみながらもページを捲る手を止めることが出来ずに...
読書日記

4年間愛用しているブックカバー

愛用しているブックカバーがある。気付けばもう4年も使っている。 それは講談社文庫特製ブックカバーだ。今はもうキャンペーンが終了してしまっているのだけど、講談社文庫のカバーについてるマーク...
読書日記

何度も読みたくなるほっこりミステリ『スイート・ホーム殺人事件』

クレイグ・ライス『スイート・ホーム殺人事件』(ハヤカワ・ミステリ文庫)読了。 海外ミステリはそれほど多く読んではいないのだけれど、この『スイート・ホーム殺人事件』はふと読み返したくなる大...