伊坂幸太郎

読書日記

『仏果を得ず』文楽のこととか全く知らないけど

夜になるとポツン、ポツンと立つ街灯が照らす薄暗い近所の道が妙に明るいと思ったら、桜並木がライトアップされていた。そこで初めて桜が満開になっているのに気付いた。コンビニで期間限定のいちご味のお菓...
読書日記

アイネクライネナハトムジーク

夏が来るたびに毎年言っているように思うけれど、ついつい口にしてしまう。「今年の夏は暑い」。 伊坂幸太郎の『アイネクライネナハトムジーク』(幻冬舎文庫)を読んだ。 『アイネクライネナ...
読書日記

幕末の青嵐

最近はあまり読んでいないけれど、一時期、時代小説や歴史小説にはまっていた。そんな時に司馬遼太郎の『燃えよ剣』を読んで、新選組に興味を持ち、同じく司馬遼太郎の『新選組血風録』を読み、浅田次郎の『...
読書日記

首折り男のための協奏曲

年末年始に帰省した際、母に貸していた文庫本のうち読み終えたものを持ち帰ることにした。貸していたのは母が遊びに来た時に私の本棚から自分で選んだ数冊で、読み終えていたのは小池真理子の『恋』と宮本輝...
読書日記

2016年に読んだ本ベスト10

例年、年末は雪の心配がほとんどない南(夫の実家)を目指すのだけれど、今年は夫の提案で東(私の実家)に向かうことになった。そのことを知らせると母は張り切って早くから献立を考えているようだ。一方の...
読書日記

クリスマスが今年もやって来る

クリスマスソングといえば、山下達郎の『クリスマス・イブ』。耳にする機会の多いこの時期は知らぬ間につい口ずさんでいたりする。一方、竹内まりやの『すてきなホリデイ』もクリスマスソングの定番で、「ク...
読書日記

死神の浮力

最近どこからともなくむくむくと読書欲が湧いてくる。やはり読書の秋だからなのだろうか。それにしてはここ数日の雨のせいで蒸し暑い日が続いていて、とても秋だとは思えないのだけど。 伊坂幸太郎の...
読書日記

そこに本があるのに

そろそろ歯医者に行かなくてはと思っていたのに先延ばしにしているうちに夏になってしまった。よりによって待合室が子供達でいっぱいになる夏休みに歯医者に行かなくてもと思ったけれどこれ以上ぐずぐずして...
読書日記

ガソリン生活

伊坂幸太郎の『ガソリン生活』(朝日文庫)を読んだ。 車が語り手という設定に少し不安を覚えたけれど読んでみたら面白かった。車はあくまでも車であって、自分の意思で動くことは出来ない。人間同士...
読書日記

雨はコーラがのめない

昼ごはんを食べながらBSで放送しているサスペンスドラマを観るのが平日の昼間の習慣になっていたのだけど、浅見光彦シリーズも赤い霊柩車シリーズも観たことのあるものが繰り返し放送されるので飽きてしま...