9年ぶりシリーズ第3作『陽気なギャングは三つ数えろ』

先日『マツコの知らない世界』のサツマイモ特集を観た。昔ながらのホクホク系はネットリ系の人気に押され気味だという。私は焼き芋なら断然ホクホク派なので、ホクホク系には踏ん張ってもらいたい。

 

伊坂幸太郎の『陽気なギャングは三つ数えろ』(祥伝社文庫)を読んだ。

陽気なギャングシリーズが好きなのだが、伊坂さんの小説が年々小難しい雰囲気を醸し出すようになっている(ように私には感じられる)中、9年ぶりとなるこのシリーズ最新作は大丈夫だろうかと心配したが、杞憂に終わった。

読み終えて、新書刊行時あとがきを読んだら、こうあった。

 

九年ぶりのシリーズ三作目ですが、年月の重みは関係なく、ひたすら楽しく読めることだけを考え、書きました。読者が楽しんでくれることを祈るのみです。

 

シリーズのファンと言っても、しばらく読み返していなかったので、登場人物のキャラクター設定をなんとなく覚えている程度だったけれど、問題なく楽しむことが出来た。

他人の嘘を見抜く成瀬、演説の名人・響野、正確な体内時計を持つ雪子、スリの名手・久遠の4人は銀行強盗。今作は4人が銀行強盗をするシーンから始まる。その後、ひょんなことである人物に関わって厄介ごとに巻き込まれるのだが、窮地に立たされても悲壮感がなく、まさに陽気な彼らの活躍に「これだよ、これ!」と思いながら読んだ。本を閉じた後の爽快感。陽気なギャングは裏切らない。

次に彼らに会えるのは、何年後になるのだろうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

買った本

毎日のようにネット書店をチェックしていたところ、セブンネットで『ゆるキャン△』の6巻が在庫ありになったので、すぐさまカートに入れた。その時は7巻は在庫切れで諦めたのだが、今見たら7巻も在庫ありになっていた。

6巻では千明、あおい、恵那の3人が冬の山中湖でキャンプをする。この3人の組み合わせって面白い。そして、キャンプ飯が相変わらず美味しそう。

女子高生が5人集まっても少しもギスギスしないなんてもはやファンタジーの世界なのかもしれないけれど、『ゆるキャン△』のほんわかとした雰囲気、ゆるさがたまらない。読みながらニヤニヤしてしまう。アニメも楽しみ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
読書日記
スポンサーリンク
フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク
読書日記のようなもの

コメント