入間人間

読書日記

ウエストウイング

8月も終わるというのに相変わらず暑い。もしかして夏はこれからが本番でまだまだ暑くなるんじゃないかと疑いたくなる。 津村記久子の『ウエストウイング』(朝日文庫)を読んだ。 以前から取...
読書日記

『少女妄想中。』入間人間の百合小説の表紙を仲谷鳰が担当するだなんて、それだけでもう最高

入間人間『少女妄想中。』(メディアワークス文庫)を読んだ。『安達としまむら』が好きで、『やがて君になる』も好きな私にとって、入間人間の百合小説の表紙を仲谷鳰が担当するだなんて、もうこれ以上ない最高の組み合わせ。買ってすぐに読んだのですが、もう最高でした。
読書日記

村田沙耶香『マウス』大変すばらしい百合小説でした

村田沙耶香の『マウス』(講談社文庫)を読んだ。百合っぽいという情報を見かけたので、まずはあらすじをざっと読んでみた。結論から言うと、大変すばらしい百合でした。まあ、百合かどうかは受け取り方次第かもしれませんが。とにかく読んでよかった。
読書日記

彼女と彼女になった安達としまむら

入間人間の『安達としまむら』7巻を読んだ。買ってすぐ読んだ。6巻で安達からの告白を受け入れ、付き合うことになった安達としまむら。友達ではなく、恋人、彼女と彼女になった安達としまむらが一体どう変わるのか。期待と不安が入り混じる中、布団にごろりと寝転がって読み始めた。
読書日記

冬がはじまるよ

坪内祐三の『三茶日記』を読んだ。坪内さんはとにかくたくさんの本を買い、そして読んでいる。この日記には、そんな坪内さんが読んだ本、買った本のエピソードが綴られている。
読書日記

安達としまむらの夏休み後半

一気読みしてしまった入間人間の『安達としまむら6』。早く続きが知りたくて休むことなく一気に読み終えてしまった。手をつなぐとか、一緒にお風呂とか、頭を撫でるとか、もうニヤニヤするしかないシーンの連発なんだからしょうがない。
読書日記

安達としまむらの夏休みは続く

入間人間『安達としまむら5』(電撃文庫)読了。とうとう安達が動いたというか、自分の感情を抑えきれずになりふり構わずしまむらにぶちまけてしまった。安達の長台詞を読むのも辛かった。
読書日記

4年間愛用しているブックカバー

愛用しているブックカバーがある。気付けばもう4年も使っている。 それは講談社文庫特製ブックカバーだ。今はもうキャンペーンが終了してしまっているのだけど、講談社文庫のカバーについてるマーク...
読書日記

何度も読みたくなるほっこりミステリ『スイート・ホーム殺人事件』

クレイグ・ライス『スイート・ホーム殺人事件』(ハヤカワ・ミステリ文庫)読了。 海外ミステリはそれほど多く読んではいないのだけれど、この『スイート・ホーム殺人事件』はふと読み返したくなる大...
タイトルとURLをコピーしました