Kindle Oasis遂に購入!果たして紙の本から電子書籍へ移行できるのか!?

引越しが決まった春からずっと、ずーっと迷っていたKindle Oasisの購入。そのKindle Oasisが7月のAmazonタイムセールで5,000円OFFになったので、今まで迷っていたのは一体何だったのかという速さでポチッとした。

Kindle Oasisはサイズが8GB or 32GB、接続方法がwifi or wifi + 無料4G、広告なし or 広告あり、オプションが3ヵ月分のKindle Unlimitedつき or Kindle Unlimitedなし、から選べるようになっており、それぞれの組み合わせによって値段が変わる。

私が買ったのは、2019年発売のKindle Oasis(第10世代)の32GBwifi広告なし3ヵ月分のKindle Unlimitedつき。34,980円のところタイムセールの5,000円OFFで29,980円で購入することが出来た。

 

ところで、Kindle Oasisをタイムセール初日の7月24日に購入したのだけど、Amazonからの発送方法がゆうパケットだったのには驚いた。まさか約3万円の商品がゆうパケットで発送されるとは…。集合住宅である我が家の郵便ポストは1階にある。こうなったら到着予定日は朝から家にいて、配達完了になったらすぐに階段を駆け下りてポストに取りに行くしかない。そう考えて朝から配送状況をこまめにチェックしていたのだけど、結局ポストに入らなかったということで配達員さんが手渡ししてくれた。

Kindle Oasis(第10世代)レビュー

Kindle Oasis本体・初期設定

そんなこんなで私のKindle Oasisは27日に無事届いた。

 

Kindle Oasis本体。本体はアルミニウム。

 

ディスプレイ:次世代電子ペーパー技術採用7インチAmazon Paperwhiteディスプレイ、解像度300ppi、フォント最適化技術、16階調グレースケール
サイズ:159 mm x 141 mm x 3.4-8.4 mm
重量:188g

 

スタートガイドとUSB 2.0充電ケーブル。

スタートガイドは各国の言語で書いてあり、日本語のページは一番最後で5ページあるが、「安全に関する情報」、「バッテリーの安全な使用について」などが記載されているだけ。使用方法など詳しいことは、本体のマイライブラリにユーザーガイドがある。

 

電源ボタンはここ。

 

電源ポートはマイクロUSB。

 

本体の裏面はこのようなになっている。この形状は「人間工学に基づいたデザイン」なのだそうだ。確かに片手で持つ時に平面よりはでっぱりに指をちょっと引っ掛けることが出来て持ちやすい。

 

初期設定はいたって簡単。言語は「日本語」を選択して「開始」。

その後は画面の指示に従ってwifiに接続、KindleをAmazonアカウントに登録。

 

とりあえず青空文庫の夏目漱石『こころ』(¥0)をダウンロードしてみた。Kindle Oasisの画面では、青空文庫の『こころ』はこのように見える。私は見やすいと思うのだがどうだろう。

 

表紙だけだが、漫画はこんな感じ。

この漫画はKindle Unlimitedで読むことができる(※記事を書いている現時点2020.08.05において)黒谷知也の『書店員 波山個間子』1巻。2巻と番外編もKindle Unlimitedで読むことができるのだが、この漫画がかなりよかった。本好きの方にオススメしたい。

 

フォントは「明朝」「ゴシック」「筑紫明朝」から選択することが出来る。さらに文字の太さ、サイズも変えることが出来る。

私はとりあえず「明朝」にしている。

 

液晶画面の「明るさ」「色の暖かさ」も変更可能だ。

さらに「明るさを自動調整」する機能も付いている。Kindle Oasisのフロントライトは、周囲の明るさを感知し、自動で理想的な明るさに調整してくれるのだ。

 

「色の暖かさ」を「+」にすると、黄色っぽい画面になる。

 

また暗い部屋では画面はこんな感じに見える。

Kindle Oasisで実際によく使っている機能について

私がKindle Oasisを使い始めて10日ほど経ったのだが、その中でよく使っている機能を紹介したい。

メモ

私は紙の本で読書をしていて、気に入った箇所があると、そのページに付箋を貼る。ちなみに線は引かない。

Kindleでは指でテキストを長押ししてからドラッグして選択すると蛍光ペンで線を引いたようになる。これを「メモ」に追加する。

 

すると、移動先に自分のメモした箇所を選択することが出来る。後で、あのお気に入りの文章はどこだったかな?となったら、すぐに移動できるのだ。

読んでいる本に何人かのKindleユーザーがメモした箇所がある場合、「自分のメモ」の隣の「ポピュラー」に表示されるのだが、青空文庫の『こころ』は「ポピュラー」が表示されなかった。

 

私の初Kindle購入本は伊坂幸太郎の『ホワイトラビット』なのだが、『ホワイトラビット』だとポピュラーはこのように表示される。

なお、この写真の撮影時にはKindle Oasisにハンドストラップを装着しているのだけれど、それについては後ほど。

辞書

単語を辞書で調べることも出来る。辞書は『大辞泉』。うーん便利。

ブックマーク

画面上部をタップすると、読書ツールバーが表示される。

 

「移動」の隣にあるブックマークアイコンをタップするとこのように表示され、+を押すとそのページにブックマークを付けることが出来る。

 

ブックマークをつけたページの右上には黒いブックマークが表示される。

 

ブックマークは複数のページに付けることが出来る。選んだブックマーク付きページのプレビューが表示されるので、そのプレビュー画面をタップするとブックマークを付けたページに移動する。これも便利な機能だ。

なお、Kindleでは現在読んでいる位置が自動的に保存されるので、本を閉じる時にその都度しおり代わりにブックマークを付けたりする必要はない。

他にも様々な機能があるけれど、今のところ私がよく使っているのはこんな感じだろうか。

 

ハンドストラップを付けてみた

Kindle Oasisの重さは188g。私は手が小さいのだが、そんな私でも軽くて薄いKindle Oasisは片手で持つことが出来る。

しかし、ごろんと仰向けに寝転んだ状態で片手で持って読書をするとなると少々難しい。

 

そこで買ったのがハンドストラップ。実は、これ6インチ用(Kindle Paperwhiteなど)なのだけど、AmazonのレビューにKindle Oasisでも使えるとあったので、それを信じて買ってみた。

Kindle Paperwhite(第10世代)のディスプレイは6インチで本体の縦の長さは167mm。一方、Kindle Oasisのディスプレイは7インチだが縦の長さは159mmなのだから使えて不思議ではない。

 

このような感じで取り付けてみた。

 

電源ボタンや電源ポートの邪魔になることはない。金属製クリップにプラスチック保護膜があるとはいえ、取り付け時は買ったばかりのKindle Oasis本体に傷が付くのではないかとハラハラした。

Kindle Oasisの厚みがある部分に取り付ける(Amazonの商品ページに「注意:厚めのタブレットまたはケース付きの場合、取り付けおよび取り外しのとき、クリップの先端部分を丁寧に扱ってください。」とある)ので、取り付け時は注意が必要であるし、正式にはKindle Oasis対象のハンドストラップではないようなので自己責任で。

 

私はレザーベルトに指を一本通して使っているが、安定感は十分あると思う。

 

ハンドストラップのおかげで仰向けに寝転んでも片手で安定してKindle Oasisを持つことが出来るようになった。

 

Kindle OasisとKindle Paperwhite、文庫本を並べてみた

夫のKindle Paperwhite(たぶん2012年モデル)と並べてみた。Kindle Oasisの方がディスプレイが大きいが本体の縦の長さは短い。それに薄くて軽い。

ちなみに最新のKindle Paperwhite(第10世代)は2012年モデルより軽いし、カラーが4色ある。そして、これはKindle Oasisにも付いているがKindle Paperwhite(第10世代)には防水機能が付いている。

Kindle Oasisの防水性能については「IPX8等級。深さ2mの真水に60分沈めても有害な影響がないことが確認されています。」とある。

お風呂でKindle Oasisで読書をしたが、今のところ問題ない。防水機能が付いているからといってわざと濡らしたりはしていないし、私の場合、むしろ紙の本をお風呂に持ち込む時と同じくらい気を付けている。

Kindle Oasisの特長である本体に付いている2つの「ページめくりボタン」。初期設定では上のボタンでページを進めて、下のボタンでページを戻すことが出来るのだが、これが本当に便利。

夫のKindle Paperwhiteを借りて小説や漫画を読んだことがあるのだが、画面をタップしてページをめくるより断然楽だし、ページめくりボタンならKindle Oasisを持っている片方の手だけでページを進めたり戻したり出来る。

あと、これは夫のKindle Paperwhiteが古いからかもしれないが、Kindle Paperwhite(2012年モデル)と比べるとKindle Oasis(第10世代)のページ移動が速くてスムーズでストレスを感じない。夫にKindleを勧められた時に気が進まなかったのは紙の本に愛着があることもそうだが、ページ移動が遅くてストレスを感じたせいもあった。

 

伊坂幸太郎の『フィッシュストーリー』(新潮文庫)と並べてみた。Kindle Oasisのディスプレイのサイズは文庫本とあまり変わらない。

 

Kindle Oasisでの読書はかなりはかどっている。しかし、全てを電子書籍にするわけではなく、紙の本と電子書籍を上手く使い分けていけたらと考えている。

 

せっかくなのでKindle Unlimitedで読めるエッセイや漫画を読んでいる。Kindle Unlimitedのサービスがスタートした時に夫のKindleで色々と読んだけれど、その後Kindle Unlimitedの対象本が変わって、私が読みたいと思う本が少なくなってがっかりしたのを覚えているが、今は対象本に読んでみたい本が多くて逆に困っている。

Kindle Unlimitedで読んで面白かった本についてなどもまた改めて紹介したい。

 

タイトルとURLをコピーしました