アガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』が怖すぎた

夫の実家からお歳暮のお裾分けで箱ごともらった抹茶ゴーフレットを夫婦で毎日1枚ずつ食べているのだけれど、結構な数があって、これがなかなかなくならない。お裾分けでもらったお菓子(カステラは完食した)がなくなるまで新しいお菓子は買わないと決めたのだけど、さすがに飽きてきたし、何かしょっぱいものが食べたくなったのでスーパーのワゴンに積まれていたベビースターラーメン丸を買ってぼりぼり食べた。しょっぱくて美味しかった。

 

ずっと気になっていたアガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』(クリスティー文庫)を読んだ。2020年の読み初め。

文庫の裏に「女の愛の迷いを冷たく見据え、繊細かつ流麗に描いたロマンチック・サスペンス」と書いてある。確かにタイトルはロマンチックだけど、ロマンチック・サスペンス?ロマンチック要素どこ?ただのサスペンスというかホラーというか、殺人事件は起きないけどこれってある意味ミステリーじゃないの?などと思いながら一気に読んだ。そして、最後の最後で心底ぞわぞわした。

主人公のジョーンは今で言う毒親なのだろう。夫にとっては毒妻?決して悪妻というわけではない。ジョーンは夫や子供たちのために良かれと思って行動をしており、自分たち一家は幸せな家族だと信じていた。しかし、旅先で偶然出会った女学院時代の友人ブランチと交わした会話がきっかけとなり、足止めをくらった何もない砂漠の町で、自分がこれまで家族に対してとった行動や家族との会話をつぶさに思い返すことになる。

 

「何日も何日も自分のことばかり考えてすごしたら、自分についてどんな新しい発見をすると思う?」
さあ、というように首をかしげて、ジョーンは微笑を浮かべつついった。
「自分自身について、これまで気がつかなかったことなんてあるものかしら?」
ブランチはゆっくりいった。「ひょっとして……」ふとぶるっと身震いして続けた。
「あたしならご免だわね」

 

「自分自身について、これまで気がつかなかったことなんてあるものかしら?」ブランチにそう言い返したジョーンだったが、何日も自分のことばかり考えて過ごした結果、夫や子供たちから見た自分がどんな妻であり、どんな母親であったかに気付いてしまう。

『春にして君を離れ』は私がこれまで読んだクリスティーの小説の中で(と言っても十冊も読んでいないのだけど)一番恐ろしかった。それは、孤島で起きる殺人事件なんかよりよっぽど自分の身にも起こりうる出来事だからなのかもしれない。読み終えた後、しばらく気持ちがぞわぞわしていた。

買った本

2020年になって最初に買った本。

津村記久子『浮遊霊ブラジル』(文春文庫)、穂村弘『整形前夜』(講談社文庫)、アガサ・クリスティー『春にして君を離れ』(クリスティー文庫)、仲谷鳰『やがて君になる(8)』(電撃コミックスNEXT)。

文庫化されたらとにかく買う。すっかり私の推し作家になった津村さん。『浮遊霊ブラジル』は今月の新刊文庫。未読のほむほむエッセイを求めて行った書店にあったのが『整形前夜』(『現実入門 ほんとにみんなこんなことを?』を買おうと思っていたのだけどその書店にはなかった)。『春にして君を離れ』は先ほど書いた通り一気読みしてしまった。

 

そして、やが君の最終巻『やがて君になる(8)』。どうしても結末が気になって終盤は連載で読んでいたこともあるけれど、何となくすぐに読みたいという気持ちになれず年が明けてようやく購入した。

1巻の帯は「わたしを好きな、わたしの先輩。」だった。

それが、最終巻の帯では「わたしの好きな、わたしの先輩。」になった。

バッドエンドで終わるのではと途中ハラハラしたけれど、帯の通りの結末になってホッとした。ここまで攻めた内容になるとは思わなくてちょっと驚いたけれど、とても良い百合漫画だった。

タイトルとURLをコピーしました